気になることミックス

台風13号の名前がサンサンである意味・理由は?誰が決めたの?

台風13号が関東に接近しつつありますね。

このままの進路を通っていくと、ほぼ間違いなく東京を含む関東地方を直撃するでしょう。

関東地方にお住まいの方は、早めの準備や対策を行ってくださいね><

さて、今回の台風には「サンサン」という名前がついています。

この名前、一体どこで誰がつけたものなんでしょうか。

気になったので調べてみました^^

サンサン(台風13号)の意味は?

サンサンとは中国語で「少女の名前」なのだそうです。

これは2000年に日本を含むアジアの国々14カ国で結成された「台風委員会」が決めています。

アメリカのハリケーンに名前がつけられるように、台風委員会でも140個の台風の名前をリストアップしていて、発生順につけています。

今回のサンサンは香港が用意した名前です。

香港では女の子にサンサンと名付けることが多いのでしょうかね。日本で言うところの、花子?みたいな感じなんでしょうか。

中国語では繰り返す名前をつけることが多いですもんね。

パンダの名前なんかまさにそう。

リンリンとか、シャンシャンとか・・・。

今回のサンサンもそんな中国の特徴的な名前の付け方な感じがします。

因みに次の台風の名前は、日本が考えた「ヤギ」に決まっています。

日本は台風の名前として、星座の名前を提出しているみたいですね。初めて知りました。

日本は昔から、天気を見るのに星を頼りにしてきた文化があります。

江戸時代にも、星を読んで天気を予報していたなんて話がありますよね。

今でも漁師さんなどは海の上で星を見て、天気を判断することもあるんだとか。

他の国は、名詞だったり動詞だったりいろいろなので、特にこれと言って台風の名付けにルールなどは決まっていないようですね。

140個全部つけ終わったらまた1番の名前に戻るそうです。

しかし、被害が甚大だった台風の場合その名前がリストから外されるみたいですね。

アメリカの「カトリーナ」や「サンディ」といった甚大な被害をもたらしたハリケーンの名前をご存知でしょうか。

リストからこの2つのハリケーンは本当に被害が甚大だったためにリストから外され、教訓として語り継がれているのですね。

台風もそんな感じの運用をしているのでしょう。

台風に名前をつける理由

ではなぜ、台風に名前をつけるのでしょうか。

理由は2つあって、1つは他の台風と間違えやすいから。

確かに、○号と言われてもパッとわかりにくいですし、去年も同じ号の台風がいたりしますもんね。

情報を集めているときに一体どの台風の情報なのかわからなくなってしまいます。

また台風への関心度を高めて、警戒を強化するためという目的もあります。名前がついていたほうが、耳に入ってきたときの親近感というか、関心度が変わるのはなんとなくわかりますね。

台風13号が来た!と言われるより、サンサンが来た!と言われる方が、「お、きたか」という感じになります(←)

まとめ

今回は、台風13号の名前・サンサン意味と、台風に名前をつける理由などについてまとめてみました。

先日は山形で大雨があったばかりなのに、今度は台風なんて…。

関東の方は本当に警戒してくださいね><

自宅トレーニングするなら…

アジャスタブルダンベルが超おすすめ!

自宅トレーニングをするなら、ダンベルは必需品!
中でもアジャスタブルダンベルが超便利なんですごい勢いでおすすめします!!!

アジャスタブルのここがイイ!

☆省スペース
⇒部屋がダンベルだらけにならない!

☆重さのチェンジがダイヤルを回すだけで一瞬!
⇒トレーニングが超スムーズに!

↓↓↓↓

軽い重量のトレーニングから高重量までカバーできるので…
自宅トレーニングの幅が広がります^^

 

アジャスタブルダンベルを使って感じたことを詳しくまとめました!▼

【アジャスタブルダンベル本音レビュー】

\おすすめはどれ?自分に合ったものを選ぼう!/

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

おすすめのアジャスタブルダンベルはこちら▼