筋トレアイテム

ジムで履くシューズの選び方!ここに注目すればスムーズに選べる。

トレーニングシューズ
mix
mix
ジムで履く靴を選ぶ時ってめっちゃ楽しいですよね!

ネットで選ぶにしてもお店で選ぶにしても、いっぱいある靴の中から自分に一番合った靴はどれか、自分が一番気に入る靴はどれかを探しているときはとても真剣になりますし、絶対に失敗したくないのでめっちゃ慎重になります。

しかし実際に購入する段階になると、本当にこの靴でいいのか?もっと良い靴があるんじゃないのか?と思ってしまうこともあります。

mix
mix
私も今の靴にたどり着くまでは、めちゃくちゃ時間がかかってしまいました。

初めに一足買って使ってみたものの、全然納得がいかず、もっといいものはないのか、もっと自分が気に入るベストな靴はないのかと思いながら、3ヶ月ぐらいは探し回っていましたね。

そして今は、自分がめっちゃ気にいっている靴でトレーニングすることができています^^

今回はスポーツジムやトレーニングジムで履くシューズの選び方や、私が実際に購入した時に注意したポイントなどをまとめていきたいと 思います

ジムで取り組むトレーニングによって選ぶ靴がかわる!

トレーニングジムでは、土足 OK のところもありますが、大抵のところは室内用の靴を別に持っていかないといけません。

そのトレーニング用のシューズをどうやって選ぶかということですが、トレーニングに使う靴は何のトレーニングをするかによって選び方が変わってきます。

ランニング ・ウォーキング・エアロバイク・スタジオレッスンが中心ならランニングシューズで OK!

ランニングマシーン
ランニングマシンなどの有酸素運動を中心にジムを利用する場合は、ランニングシューズで OK です。むしろランニングシューズがいいと思います。

ランニングシューズは長く走っていても足に負担がかからないようにクッション性が高く設定されている靴が多いからです。
ランニングマシーンでしっかり走りこんだり、エアロバイクで汗を流したりという目的であればクッション性の高い靴の方が体に負担がかからなくていいと思います。

スタジオレッスンの場合は、レッスンの種類にもよりますがダンス系やエアロビクス系のレッスンであれば、ランニングシューズでも問題ありません

私は昔ダンスをやっていたので、ダンスシューズでスタジオレッスンを受けていましたがスポーツジムなどのスタジオレッスンにはダンスシューズは合わないなと感じました。
ダンスシューズはダンスをするために設計された靴ですが、フィットネスの動きに対応できるような靴ではないと感じましたし、せっかくジムに行ったのだからランニングやエアロバイクをしたいと思った時に、ダンスシューズでは非常にやりにくいです。

mix
mix
なのでジム用のシューズってのはやっぱりちゃんと買った方がいいですね。

筋トレ、マシン中心ならトレーニングシューズ

ダンベル
筋トレやマシンを中心
にトレーニングをするのであれば、トレーニング用のシューズを用意した方がいいです。

特にフリーウェイトのトレーニングをやったり、マシンでもどんどん重量を上げていきたいと思っている人は、靴にも是非こだわりましょう。

筋トレに使用する靴でよくおすすめと言われるのが「底の固い靴」です。

底が固いと、バーベルやダンベルなどの重りを持ってトレーニングする時に、上から負荷がかかっても足元がとても安定します。

これがランニングシューズのようにクッション性の高い靴でやってしまうと、そのクッションのせいで足がぐらついてしまうという危険性があります。

重りをもってトレーニングしているのに足元がぐらついてしまうというのはかなり危険ですし、きかせたい筋肉にしっかりと重りの力を伝えられないことがあります。

なので筋トレするにはそこが固い靴の方が効率的なんです。

mix
mix
しかしこの「底の固い靴」って、いまいち選び方がよくわからないんですよね。

お店などに行ってそこの方に靴を探そうと思って、実際に靴を手に取って底の部分を触ったり叩いたりしたんですけど、いまいちよくわからないんですよ。

かといってネットでオススメの靴を調べると、筋トレ上級者が履くような足袋っぽい靴だったり、指が5本に分かれているガチのやつだったり、レスリングシューズなどをおすすめされたりします。

こういうのって正直なかなか初心者は手が出しにくいんですよね。実際に私もそういう系の靴には手が出ませんでした。

なので今回は、初心者の方でも選びやすいジムで筋トレする時用の底が固い靴をざっくりと紹介してみることにします 。

ざっくりとっていうのは、こんな感じの靴から選んだら間違いないってことです。

商品を紹介するというよりは、こんな感じの靴を選んだらいいよっていうのを紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

室内用のフットサルシューズ


フットサルシューズは、屋外用のシューズの場合はサッカーのスパイクのように靴底がボコボコしていますが、体育館などでフットサルをする場合に使う室内用のフットサルシューズだと、底が平で固いものが多いです。

このフットサルシューズが筋トレに適しているというのは、他の筋トレブロガーさんや筋トレユーチューバーの方が紹介されているのでご存知の方も多いかと思います。

フットサルシューズは、メーカーのロゴが入っているだけのようなシューズから、とってもカラフルで派手なもの、可愛いものなどもいっぱいありますので自分の好みに合ったものを見つけやすいと思います。

ただ注意してほしいのが、フットサルシューズは靴の幅がめちゃめちゃ狭いものが多いです。
なので出来れば実際に試着してから購入することをお勧めします。

なかなかフットサルシューズを売ってるスポーツショップを見つけることも難しくて私も苦労したんですけども、サッカー専門店などに行くとフットサルシューズのコーナーもあったりするので、そこで一度はいてみましょう。

ちなみに私は値段もリーズナブルだし、まだ初心者だからフットサルシューズでいいかなと思ってサッカー専門店を回って色々試着したんですけども、私の脚の幅に合うフットサルシューズはありませんでした^^;

mix
mix
メンズものも履いたんですけどねー。なんであんなに細いんですかね、フットサルシューズって。。。

コンバースのオールスター


コンバースのオールスターという靴は、見た目もシンプルでいつの時代にも合うデザインなので、ファッションとしても人気のシューズですが、実は筋トレ用の靴としても向いているんです。

オールスターを履いたことがある人はわかると思いますけども、この靴も底が平らで、かなり薄くて固いんですよね。普段履きに使っているとちょっと足が疲れるかなって思ってしまうこともあるくらいの固さがあります。

外国人がトレーニングをしている動画などを見ると、たまにオールスターでガチのトレーニングをしているマッチョもいます。

ただオールスターの欠点としては、元々スポーツをするために作られた靴というわけではないので、靴自体とても重たいですし布や革でできていいます。
なので 持ち運びする時はカバンがとても重たくなりますし、布が汗を吸い込んで靴が臭くなるのが早いような気がします。

とはいえこの靴が一番手に入りやすいですね。普通にどこの靴屋さんにも置いてます。アディダスやヴァンズのスニーカーでも同じような種類の靴があると思いますが、あれでも問題ないかと思います。

体育館シューズ


最強だろうと思ってるのが、中学や高校で使う体育館シューズです。

体育館シューズって実は底がゴムでできているので固いんですよね。

もし学生時代の体育館シューズが残っていて、サイズがぴったりで、状態が良ければ、全然これで問題ないと思います。お金がかからなくていいですね。

mix
mix
体育館シューズの一番の欠点としては、ダサい^^;

おすすめはナイキのメトコン

こんな感じで色々とトレーニングシューズ選びに右往左往しながら、最終的に私が選んだシューズはナイキのメトコンです。

メトコンはナイキがトレーニングやフィットネス用に作った 靴で、とても評判が良いことも知っていたので初めから候補には入っていたんですけれども、いかんせんちょっと値段が高いかなと思って購入をためらっていました。

ただ3ヶ月探し回って理想の靴に全然出会えなかったので、多少高くてもいいものを買った方がいいんじゃないかと思い、とりあえずナイキショップに行きました。

ナイキショップは試着もできるので、とにかく納得して購入することができます。

メトコン2はレディースのものもあって、初めにレディースのものから試着してみましたがやっぱり足の幅がきつくて無理でした。
なのでメンズのメトコンを履かせてもらったところ、これがマジでぴったりで、しかも評判通り靴の底が床を掴む感覚をしっかりと感じることができたので、即決でこれに決めました。

メトコンの場合は、気に入るデザインのものが店頭になくても自分で好きなように側面や底、ロゴの色などを決めることができるので、ナイキショップでは商品名とサイズをメモして帰り、 家で自分の好きなように靴をデザインしてネットから注文しました。

ナイキ公式HP

こうしてやっとのことで自分が気に入る靴を手に入れることができたのです!!!

mix
mix
やっぱり100%納得して手に入れた靴を使ってトレーニングをするとめちゃめちゃモチベーションが上がります!!

シューズを持ち運ぶのにかさばらない!シューズ収納付きトレーニングバッグもイイ!

トレーニングバッグ
トレーニングシューズはジムに専用のロッカーをレンタルで借りて置いておくこともできますが、私は経費削減のために(笑)毎回バックに靴を入れて持って行っています。

はじめは靴を靴袋に入れて、着替えやらプロテインやらと一緒にトレーニングバッグに入れていたのですが、飲み水やプロテインと一緒に靴が入っていることにちょっと抵抗があってどうしたらいいかなと思っていました。

そんな時にバックの中に靴専用の入れる場所があるトレーニングバッグを見つけました。

これは靴を入れる部分がカバンの中で間仕切られているので、服や水と一緒に入れていても 全然抵抗なく持つことができます。

さらに靴の入れる部分はメッシュになっていたりしているものもあるので、トレーニング後の汗が染み込んだ靴でも蒸れることがなく家に持って帰ることができるので気に入っています。

mix
mix
トレーニングパックとシューズバッグが別々になってるとめっちゃかさばって荷物になっちゃうし、かといってトレーニングバッグの中に靴をそのまま入れるのも抵抗あるなって人にはめっちゃおすすめです。

まとめ

今回はジムで使う靴の選び方についてまとめてきました。

ランニングなどを行うのであれば、一般的な靴屋さんにも多く売ってるランニングシューズで十分事足りると思います。

筋トレをする場合は底の固い靴を選ぶと、より安全にトレーニングを行うことができるのでおすすめです。

底の固い靴
  • 室内用のフットサルシューズ
  • コンバースのオールスター
  • 学生時代の体育館シューズ

私のおすすめはナイキのメトコンですが、まあ好みもあると思うのでご参考まで。

シューズはトレーニングをにおいて安全性を確保することができます。
さらにモチベーションアップにもかなり効果的です。気に入ってる靴だからトレーニングが続けられるって言うのは、あると思います。

筋トレするのにファッションなんて関係ねーだろうって思う人もいるかもしれないですけど、やっぱりやる気が全然違ってきます。その気になるって大事だと思うんですよね!

自分の一番気に入る、一番テンションが上がってトレーニングできる靴を是非選んでみてくださいね^^

おすすめの自宅筋トレアイテム!

自宅でも本格的なトレーニングができるアジャスタブルダンベルは超おすすめ筋トレアイテム!

ダイヤルを回すだけで2.5~24kgまで重さが変えられるから気軽にトレーニングできるし、1つのダンベルのスペースしかとらないから部屋がダンベルだらけにならない!

貴方にピッタリなアジャスタブルダンベルの選び方を紹介しています!↓

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

実際に私が使って感じた感想をレビュー!↓