筋トレアイテム

ジムの持ち物!初心者・通い始めからだんだんなれてきたらあると便利な物まで!

トレーニンググッズ
初心者トレーニー
初心者トレーニー
ジムに通うんだけど、一体何持っていったらいいんだろう…。

初心者の頃って、いるのか要らないのかで迷ったりしますもんね…!

今回は実際に私がジムに持っていっているものを中心に、必要なもの・あると便利なものをまとめていきます。

絶対要るもの

まずはトレーニングジムに行くなら絶対に必要なものをまとめていきますね。

とはいえ、全て手持ちのもので事足りる様なものばかりです。

普段から使っているもの、家で使っているものをジムに持って行って使っても全然問題ありませんので、できる限り経費を抑えたい方は家中からかき集めましょう^^;

mix
mix
私のおすすめとしては、ジム用に新しく新調することをおすすめします!

何故かは後半でお伝えしますね^^

ではまずジムで絶対に必要なアイテムから見ていきましょう!

トレーニングウェア

ストレッチ
トレーニングウェアとは、ジムで運動する際に着る服ですね。着替えです。

普段着のままトレーニングしようという方はさすがにいないと思いますが、襟や袖、裾が長すぎる、ひらひらする、ダボダボする、そんな服装はトレーニングには不向きですね。マシンに引っかかる可能性もありますし、自分で踏んづけてこけたり、こけたあなたに躓いてさらにこける人がいるかもしれません…!

ベターな服装は、Tシャツ・ジャージのズボン・ハーフパンツ・レギンスなどですね。

Tシャツはお手持ちのもので全然かまいません。

ライブTシャツでもアニメTシャツでもOKです!

ただ、ジムで体を動かすと結構な確率で汗だくになります。

そうなると、コットン素材のライブTやアニメTでは汗でベタベタになったり、体に張り付いてきたりする可能性があり、結構不快に感じるかも。。。

Tシャツは速乾性の機能シャツの方がおすすめですね。

ズボンは、動きやすいズボンなら何でもOKかと思いますが、ジーンズやスラックスなどは動きづらいし、重たいのでやめておきましょう。

あんまりダボダボしたサムエルパンツのようなものも、マシンに引っかかったりするのでお勧めしません。

男性ならハーフパンツ、女性ならレギンスが最近人気なのかなっというイメージがあります。

mix
mix
私は脚を出すのも、レギンスだけでトレーニングするのもちょっと苦手なので、ジョガーパンツというものを履いています。

足全体にフィットして、トレーニング中、膝にズボンが引っかかることもなく超快適にトレーニングできますよ^^

シューズ

トレーニングシューズ
トレーニングジムは基本的に土足禁止のところがほとんどだと思いますので、トレーニング用の靴を持っていきましょう。

たまに土足のままトレーニングできるところもありますが、それでも履き替える用の靴は持って行ったほうがいいと思います。

外で履いている靴って底が結構ダメージを受けていたり、中敷きが痛みまくってトレーニング耐えられなかったりしますからね。靴の中に小石が入っていても地味に痛いし。。。

なので、ジム用のトレーニングシューズは別に持っていくのがおすすめです。

学生のころの体育館シューズなどが残っているならそれでもいいですよ。私もしばらくはダンスをやっていた時に履いていたスニーカータイプのダンスシューズでトレーニングしていました^^;

購入する場合は、ジムでどんなトレーニング中心にやりたいかで決めましょう!

ランニングマシンで走り込みたいのなら、ランニングシューズ
マシンで筋トレを中心に行うなら、トレーニングシューズ

ジムで使うシューズに選び方については下記の記事にまとめてありますので、参考にどうぞ!▽

トレーニングシューズ
ジムで履くシューズの選び方!ここに注目すればスムーズに選べる。トレーニングジムで使う靴の選び方やシューズ選びのポイントなどをまとめました。筋トレをする際のおすすめのシューズも紹介していますので、興味ある方はぜひ見ていってください^^...

タオル

タオル
タオル
は、自分の汗を拭くのはもちろんなんですが、ベンチに背中をつけて寝るときに汗でべちょべちょにならないようにタオルを敷いたり、自分の汗がぽたぽた落ちてしまったときに拭くためにも持っておいたほうがいいです。

特に自分の汗が床に落ちた場合は、その床が滑りやすくなるのでとても危険です。自分で踏んでこけるならまだしも、ほかの人が踏んでこけて怪我させるなんてこともあり得ますので、自分から出た汗は自分で処理するようにしましょう^^;

ベンチについた汗は、最近はジムでベンチを拭く用のタオルを用意してくれているところもいいですが、ない場合は自分で用意したタオルで拭きましょう。

ベンチを拭いたタオルで自分の顔を拭くのに抵抗がある方は、1つ小さなベンチ拭き用を持っておきたいところですね。

mix
mix
ちなみに私はマフラータオルを使っています。かさばらないし、汗は程よくふけるし、ちょうどいいんです、サイズ感が。

水分(飲み物)

飲み物
水分は絶対取りながら運動してくださいね。
脱水症状でぶっ倒れたらトレーニングどころではなくなってしましますんで!

mix
mix
私はめんどくさがりやなんでペットボトルの水にBCAA(アミノ酸)を入れてジム内に持ち込み、トレーニング終わににジムに捨てて帰ります^^;

ジムによっては給水機のあるところなどもあると思うので、そこでお水を入れてジム内に持ち込む場合は蓋のついたボトルタイプの水筒やシェイカーを使うといいですよ!

ブレンダーボトルは蓋もしっかりしてるし飲み口があるのでトレーニング中でも飲みやすいです。しかも蓋を取って洗うときは口がめちゃくちゃ広いので手が丸っと入るのでしっかり底までスポンジで洗えるので衛生的ですよ!

mix
mix
私はプロテインを飲むときに使っていますが、めちゃめちゃ使いやすいです。
ステンレスタイプのものならトレーニング中でも中身がぬるくならなくてなおヨシ!

以上が絶対必須のアイテムですね。

 

次にあったら超便利なものもまとめておきますね。

あったら便利なもの

ジムライフをさらに快適なものにするアイテムを少しまとめておきます!

私もこれらのアイテムは使っていて、使う前まではいろいろ手こずっていたことが解決したので、あるとほんとに助かりますよ!

ジムバッグ

ジムバッグ
ジムで使うウェアやシューズ、飲み物やその他もろもろを入れています。

私は会社帰りにジムに行くことが多いので、仕事終わりにジムに行く場合は仕事用のカバンとジムバック二つ持ちになるのですが、仕事カバンにウェアや靴は入らないし、無理やり入れてパンパンになるのも嫌なので、別々に持つようにしています。

mix
mix
それにジムバックを持って会社に行くと、今日は早く仕事を終わらせてジムに行くぞ!っていう気持ちになって仕事へのモチベーションが高まります^^;

ジムバックでおすすめなのは、シューズインがついているもの!ジムバックの中に靴を入れる場所がセパレートされているので、靴袋を別に用意する必要もないし、靴と飲み物が一緒に入っていても気になりませんから、超便利ですよ!

ジム内用手提げ

手提げ袋
ジムでは更衣室で着替えてジムエリアに移動するケースがほどんどだと思いますが、飲み物や貴重品、タオルなどひとまとめにできる小さなバッグがあるととっても便利です!

私はしばらくジム内にはタオルと飲み物を手で持って行っていたのですが、特にマシンでトレーニングする場合、種目ごとにマシンの場所まで移動しないといけないので、そのたびに飲み物持って…タオル持って…っていうのが超めんどくさかったんです…!

そのめんどくさいのはこの手提げバッグ一つで解消しましたね…!

どんなバッグでもいいと思います。100均に売っているような小さなランチボックスバッグでもナップザックでもいいと思います!タオル・飲み物・財布・スマホ・グローブ…など人によっても入れるものは変わってくると思いますので、自分の入れたいものが入ればOK!

しいて言うなら、底にマチがあって自立するものならなおいいですね!

イヤホン

イヤホン
ランニングマシンなどで有酸素運動をする方や、自分の好きな音楽を聴いてトレーニングに集中したい方はイヤホン必須ですね。

最近は有酸素マシンの前にそれぞれ1台ずつテレビがついていて、そのテレビの音を聞くには自分でイヤホンをつけないと聞けないジムをあります。

そういう場合は、有線のイヤホンが必要ですね。テレビか連動しているランニングマシンのイヤホンジャックにさして使用しましょう。

マシンやフリーウェイトでトレーニングする方には、ワイヤレスのイヤホンが絶対におすすめです!

mix
mix
有線では音楽プレーヤーをポケットに入れたりしないといけないんですが、これが邪魔過ぎてな…!熱いし…!

私はBluetoothのイヤホンにしてから超快適になりましたね!

iPodをジム用手提げに入れた状態で音楽が聴けるのでポッケに入れなくても済むし、熱くないし!

マシンに絡まる心配もないのでお勧めです!

最近では耳に入れるだけのタイプもありますが、私はよく耳からイヤホンが外れるので怖くて使えません!

なので、首と耳に引っ掛けるタイプのイヤホンを使っています!

【追記:2019/02】
最近は
コードすら邪魔になってきたので、耳にかけるだけのものを使っています。
バーベルスクワットの時とかね、コードが邪魔だなって。。。

トレーニンググローブ

ダンベル
トレーニンググローブは初心者でも使ったほうがいい
ですよ!

初心者の方が手の平がまだまだトレーニングマシンを握るのに慣れていないので、豆ができたり手の皮がむけたり怪我しやすいんですよ。

なので、しっかり保護しながらトレーニングすることをおすすめします。

初心者がトレーニンググローブ使っても浮くだけだからやめといた方がいいとか言ってる記事も見かけましたが、ありゃジム行ってない人が書いてんのかな?

そんなこと思うトレーニーはいないと思うよ。

むしろヒョロヒョロ初心者さんやめっちゃか弱そうなお姉さんが素手でバーを握りこんでいるのをみると「あー、グローブ着けりゃいいのに…絶対、手痛いやつだよ、アレ…」って思ってしまうもん。

他にもグローブは滑り止め効果もあるので、マシンやバーベル・ダンベルを使い慣れていない初心者の方には落下防止にもなっていいのです!

なので、グローブはつけてやりましょう。

私の使っているやつはコレ▽手のひらの厚さといい、手首の保護具合と言い、ちょうどいいです!

 

初心者でも使っていいよ!トレーニングギア

他にもウェイトトレーニングを中心にトレーニングをしていくなら、リフティングベルト・パワーグリップ・リストラップなどのトレーニングギアは初心者の時から使っていくのをおすすめします!

というか、初心者こそ使うべきなんじゃないかと思いっています。

怪我の予防にもなるし、足りない筋力を補いながらトレーニングすることができるので、レベルアップのサポートにもなります!

初心者のくせに・・・とか言ってくるイキッたやつは無視してOKです^^

トレーニングギアについてはまた別の記事にまとめていくことにします。

まとめ

今回は、初心者・ジム通い始めの方向けにジムに持っていく持ち物をまとめてみました。

必需品!
  • トレーニングウェア
  • トレーニングシューズ
  • タオル
  • 水分(飲み物)
あったら超便利!
  • ジムバッグ
  • ジム内用手提げ
  • イヤホン
  • トレーニンググローブ
  • トレーニングギア諸々

トレーニングに使うものは新調した方がいいと一番初めに書きましたが、なぜかって、モチベーションが上がるからです!

ジム用のウェアやシューズはぜひお気に入りのものを選んでみてください。

そうするとジム通いを続けることができます!

これ、マジで!

だってジムでしか使えないお気に入りのもの、ジムで使いたいじゃないですか!

お気に入りのウェアやシューズを着て、お気に入りのグローブを使って、お気に入りの水筒で水を飲みながらトレーニングすると、テンション上がるんです!トレーニングしんどくても続けるモチベーションにつながるんですよ!

これ、割とジム継続の秘訣だったりします。

私もジムまわりの用品はお気に入りのもので固めるようにして2年ジム通い続いています。ちょっと飽きてきたなと思ったら、買い替えます^^;(捨てませんけどね)

ジムってだんだん行くのが億劫になってきたりめんどくさくなってきたりしちゃうんですよね、いくら運動が好きでも。

そんなジム通いのモチベーション維持のためにも、ジムに持っていくものをこわだってみてはいかがでしょうか^^

おすすめの自宅筋トレアイテム!

自宅でも本格的なトレーニングができるアジャスタブルダンベルは超おすすめ筋トレアイテム!

ダイヤルを回すだけで2.5~24kgまで重さが変えられるから気軽にトレーニングできるし、1つのダンベルのスペースしかとらないから部屋がダンベルだらけにならない!

貴方にピッタリなアジャスタブルダンベルの選び方を紹介しています!↓

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

実際に私が使って感じた感想をレビュー!↓