背中のトレーニング

デッドリフトで握力が持たない…!強化は必要?これでOKじゃね?

デッドリフトの握力補助

デッドリフトの重量がだんだん上がってくると、背中はまだまだ追い込まれていないのに、手がバーを掴んでいられなくなって続けられない…!なんてことが起こりますよね。

これは前腕や握力の力がバーベルの重さに負けてしまっているから起こることなんですね…!

mix
mix
折角背中の筋肉はまだまだ追い込む余地があるのに、先に手が疲れ切ってしまってトレーニングできなくなるのはとても勿体ないことです!!!

なので今回は、デッドリフトで握力が持たなくなった時の対処法をまとめてきたいと思います!

握力補助におすすめ!パワーグリップを使おう!

デッドリフトや引っ張る系(プル系)のトレーニングをするときは、握力を補助してくれるトレーニングギアを使うことで、狙ったターゲットにしっかり効率的に刺激を送ることができます!

mix
mix
私が一番愛用しているのは、パワーグリップです^^

私は筋トレ初心者の段階からパワーグリップを使用してデッドリフトをしていますが、握力不足で持ち上げられないと感じたことがないくらい、握力を補助してくれます!

パワーグリップはベロをバーに巻き付けて、手とバーを固定するのですが、ほんとにバーが手から離れなくなるので、全然腕の力を使いません。

なので、純粋に背中の力でバーを引き上げ正しくデッドリフトをすることができるんです!

デッドリフトは背中の筋トレですから、腕に少しでも刺激が逃げてしまうともったいないんですよね…!

mix
mix
先日たまたまパワーグリップではなくトレーニンググローブのままデッドリフトを行ったことがあるんですが、めちゃめちゃ腕に力が入ってしまって、背中に効きませんでした…!

しかも予定していた回数にも到達しなくて力尽きてしまい、一体何やってんだか…って状態でしたね…!

こんな風に腕に刺激が逃げていくのを防ぐことができるので、私はデッドリフトの時は絶対にパワーグリップをつけるようにしています^^

パワーグリップの使い方をわかりやすく解説!!パワーグリップの使い方を画像を使ってわかりやすく解説しています!意外と多い!?使い方を間違っている人!一度確認してみてください^^...
パワーグリップのおすすめ
パワーグリップのおすすめはどれ?自分に合ったものの選び方!パワーグリップのおすすめを紹介!どんな人におすすめなのか、素材や耐久性などについても調べつくしてまとめました!!...

リストストラップも握力補助にいいらしいよ!

私は実際に使用しているわけではないのですが、リストストラップも握力補助にはいいらしいです。

リストストラップは帯状のトレーニングギアですが、片方を手首(リスト)に巻き、もう片方をバーに巻き付けて握りこむタイプのものです。

まさに手首とバーをストラップのように結びつけるといった感じですね。

何故私がこれを使っていないかというと、

  • 巻き方がややこしそうだから
  • まだそんなに高重量を扱わないから

という理由があります。

リストストラップは1本の帯のような形状でバーに巻き付けるんですが、どんな風に巻き付けていいのかまだよくわかっていないんです^^;

また、リストストラップはパワーグリップよりも高重量を持ち上げるときに向いているとのことなんですが、私はまだトレーニングを始めて2年くらいだし、女性なので、パワーグリップでは持ち上げられない(パワーグリップのベロが破れてしまうくらい…!)高重量の重さを扱うことはないんですよね。

mix
mix
なので、パワーグリップで十分なんです。

もしあなたが初心者さんなら、パワーグリップで十分事足りると思います。

巻き方も簡単だしお手軽なんで、どっちかというとパワーグリップをお勧めします。

デッドリフトで200㎏くらい持ち上げるようになってくると、リストストラップの方がいいのかなぁと思いますね。

私にそんなときが来るのか…。

※ちなみに女性で200㎏あげられるようになったら世界で戦うレベルです…!

一応リストラップの使い方動画を見つけたので貼っておきますね。

私もいつか使うようになったら参考にしたいと思います…!

握力を強化する必要性

よくデッドリフトで握力がもたないなら、握力を強化しましょうという記事を見かけるのですが、握力強化はボディメイクやダイエットなどを目的にするなら、ちょっと非効率かなと思っています。

これはあくまで個人的な考えですが。

握力を鍛えるために前腕を鍛えたりする方法が一緒に紹介されていたりしますが、前腕って筋肉の量も小さいし肥大化もそんなに見込めないと思うんです。

しかも痛めてしまうと、デッドリフト以外のトレーニングにも結構差し支えるんですよね。

先ほども書きましたが、最近デッドリフトをするときに、ちょっとめんどくさがってグローブのままセットに入ったことがあるんですが、確かに握力不足を感じで目標レップをこなすことができなかったんです。

次の日めちゃくちゃ前腕が痛くて、日常生活にも支障きたすレベルでした。

これって、パワーグリップを使っていたら起こらないことなんですよ。

少なくとも今まで私は起こったことはありませんでした…!

あぁ、やっぱりパワーグリップ使った方が効率的じゃないか…!

とリアルに実感しましたね。

男性の方の場合は、前腕もたくましくしたいと考えている方もいると思うので、意識的に前腕も一緒に鍛えたい場合はノーギアでのトレーニングもありかと思います。

一方ダイエットやボディメイクを目的にしている方の場合は、無理をせずに、握力はパワーグリップで補助してしっかり背中を狙ったトレーニングをした方がいいと思います。

その方が効率的にトレーニングすることができると私は考えています!

前腕は上腕や胸を鍛えたりするときに補助的に鍛えられるので、これで十分かなと思っています。

(これは完全に個人的な意見なので、異論はあるかと思いますがご了承ください^^;)

まとめ

今回は、デッドリフトで握力が持たないときの対処法をまとめてみました。

デッドリフトをするときは、パワーグリップをつけることが超おすすめです!

腕の力に頼ることなく、しっかり背中の力でバーベルを引き上げることができます!

デッドリフトの本来の目的も背中を鍛えることですから、握力はトレーニングギアでしっかり補助をして、狙う背中にしっかり刺激を入れていきましょう!

おすすめの自宅筋トレアイテム!

自宅でも本格的なトレーニングができるアジャスタブルダンベルは超おすすめ筋トレアイテム!

ダイヤルを回すだけで2.5~24kgまで重さが変えられるから気軽にトレーニングできるし、1つのダンベルのスペースしかとらないから部屋がダンベルだらけにならない!

貴方にピッタリなアジャスタブルダンベルの選び方を紹介しています!↓

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

実際に私が使って感じた感想をレビュー!↓