脚のトレーニング

スクワットで消費できるカロリーとか気にしなくてもいい本当の理由。

スクワットの消費カロリー?

運動とかダイエットをしてると、消費カロリーってすごい気になりますよね。

消費カロリーが高い方が効果的に痩せられるんじゃないかとか、消費カロリーが高い運動をしていれば好きなものを 食べていても大丈夫だて思っている人も多いと思います。

確かに自分の基礎代謝量+運動などの消費カロリーより食事などから取られる摂取カロリーの方が上回ってしまうと、肥満の原因になったりどんどん脂肪を溜め込んでしまう体になってしまいます。

ビギナー女子
ビギナー女子
ところで今からやろうと思っているスクワットの消費カロリーってどうなんだろう?

スクワットは運動始めるにはとってもいいて聞いたけど、実際どれだけカロリーを消費してくれるんだろうって思う人もいると思います。

今回はスクワットで消費するカロリーに注目してみたいと思います。

そもそもスクワットはカロリーを消費させるつもりでやらない。

結論から言うと、スクワットの消費カロリーはめちゃめちゃ少ないです。

スクワット50回の消費カロリーは20~30kcalといわれています。

ランニングだと、30代中肉中背女性(私←)の場合、5分走るだけで122kcal消費します。

カロリー消費で比べると、圧倒的にランニングをした方がいいのです。

ビギナー女子
ビギナー女子
まじか。じゃちょっと走ってくるわ。
mix
mix
まぁ待って。

そもそもスクワットとか筋トレという運動は、即座にカロリーを消費するためにやるトレーニングではないんですよね。

筋トレっていうのは筋肉を鍛えて体の基礎代謝を底上げすることが目的なわけです。

基礎代謝を底上げすることができれば、私たちが何もしていない間でもカロリーを消費してくれる体になることができます。

例えば寝ている時でも、仕事をしている時でも、体の中で脂肪の燃焼が行われ続けていたら、めっちゃいいと思いませんか?

ランニングは確かに、走っている時にすごくカロリーを消費してくれますが、走り終わってしまうと、体の中の脂肪燃焼は終わってしまいます。

しかし、筋トレで筋肉をつければ、いつでもどこでも何をしてても体が勝手に脂肪を燃焼してくれる。

そんな体になることを目指して筋トレをやってるので、一つのトレーニングあたりのカロリーの消費は特に気にしなくていいです、正直。

スクワットにおいては、筋肉をつけて基礎代謝をあげるって言うことを目的にしているので、カロリーの消費量はすごく少ないんですけども、筋肉を育てることで基礎代謝を上げることができますから将来的にはしっかり脂肪も燃焼してくれるような体作りを目指すことができます。

しかもスクワットで鍛えられる筋肉というのは、太もものうらからお尻の筋肉、体の中で大きい筋肉と言われるハムストリングスと大殿筋です。

ここをしっかり鍛えることで、より筋肉の成長を促進することができて、大きい筋肉がさらに大きくなれば基礎代謝を効率よくアップさせることができるのでめちゃめちゃおすすめです。

カロリーを消費させたいなら有酸素運動の方がよい。

ランニング
確かにランニングやジョギングなどの有酸素運動の方がカロリーを消費することができますが、有酸素運動は脂肪も落としますけど筋肉も一緒に落ちていってしまいます。

マラソンランナーや駅伝の選手はみんなカリカリですよね。

あの選手たちはずっと走り込んでいるので、体中の肉がかなり削ぎ落とされています。

走るための足の筋肉はしっかりついていますが、上半身の筋肉はとっても小さくなっています。
マラソンをするのに大きな筋肉がついていると邪魔なんですね。体が重くなっちゃうから。

筋肉は重いので、長い距離を走り続けないといけないマラソン選手にとっては重たい筋肉がマラソンのパフォーマンスを落としてしまいます。

なので上半身の筋肉が小さくなってしまってもまあ問題はないというか、その方がマラソンのパフォーマンスが上がるということになります。

しかし私たち一般人は筋肉がないと、どんどん体の基礎代謝も下がっていっちゃいます 。

どちらがいいとか悪いとかをいうつもりはないんですけど、 筋トレ・有酸素運動、どちらの運動もメリット・デメリットがあります。

それを知っておくことで自分がなりたい体を作るために必要な運動を取り入れていくことが大切です。

体の基礎代謝もあげたいし今ついてる脂肪もできるだけ早く落としたいという場合は、筋トレもしっかりやりつつ、摂取カロリーは基礎代謝のぎりぎりぐらいまでで押さえる。

そして筋トレの後にはしっかり有酸素運動を行うなど、トレーニングのメニューの組み方によっていろいろ工夫ができるので、「筋トレ」「有酸素」という言葉に固執するんじゃなくて、どちらの良さも理解した上で、自分のトレーニングする時のメニューを考えていくといいです。

なぜダイエットやボディメイクにスクワットがいいのか。

ダンベルスクワット
消費カロリーの低いスクワットですが、最近はスクワットダイエットやスクワットチャレンジなど、多くの方(主に女性)がスクワットを生活に取り入れて、きれいな体づくりを目指しています。

なぜ消費カロリーの低いスクワットに世の女性たちはのめり込んでいくのでしょうか。

それには、カロリー以外にも女性のボディメイクにとってメリットが多いからなんです^^

ただ痩せたいだけなら、ご飯を食べなければ簡単に痩せることが出来ます。
しかし、栄養不足でガリガリのみすぼらしい痩せ方を望んでいる人はいないはずです。
適度な筋肉と、メリハリのあるボディラインで健康的な体を手に入れたいと思っていますよね。

そんな体作りにスクワットはピッタリなんです。
スクワットをすることで、

  • 基礎代謝が上がる
  • 太ももの裏からお尻が鍛えられて垂れたお尻をリフトアップすることが出来る
  • 体幹も一緒に鍛えられるので、姿勢がよくなり見栄えがいいスタイルになる

こんな効果も期待出来ちゃいます!

一番重視したい、「見た目」に影響することがめちゃめちゃ多いんです!

特にヒップアップや姿勢がよくなることなどは、カロリー関係ありませんけどめっちゃ大事なことですもんね。

これが手に入れられるだけでもスクワットをやる価値があるとまで言えると思います!

消費カロリーは全然気にしなくても、作りたい体を作ることが出来ればOKですよね!

まとめ

今回は、スクワットで消費カロリーを気にしなくてもいい本当の理由について書いてきました。

筋トレやスクワットでダイエットやボディメイクをしようとしているなら、1つのメニューでの消費カロリーは気にしなくてもいいです。

消費カロリーは少ないけどスクワットをやるメリットはこれ!
  • 時間をかけてでも基礎代謝をあげて、何もしていなくても脂肪を燃焼してくれる体作りを目指す。
  • なりたい理想の体のためにスクワットを含めた運動のメニューを考えてみる。
  • 体の見た目を変えるのにもスクワットはとっても有効。ヒップアップや姿勢をよくできる。

スクワットには消費カロリーは低くてもこんなにメリットがたくさんあるんです!

なので、どんな運動をするにしてもスクワットを取り入れるととても効率が上がりますよ^^

レッツ・スクワット!

おすすめの自宅筋トレアイテム!

自宅でも本格的なトレーニングができるアジャスタブルダンベルは超おすすめ筋トレアイテム!

ダイヤルを回すだけで2.5~24kgまで重さが変えられるから気軽にトレーニングできるし、1つのダンベルのスペースしかとらないから部屋がダンベルだらけにならない!

貴方にピッタリなアジャスタブルダンベルの選び方を紹介しています!↓

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

実際に私が使って感じた感想をレビュー!↓