胸のトレーニング

ベンチプレスのRM換算表を目安に効果的なトレーニングしよう!

RM換算表でMAXに挑戦

ベンチプレスのトレーニングを行う場合の目安になるRM換算表を紹介します。

RM換算表とは、1回のMAX重量〇㎏あげられる人は、△㎏を10回あげられる!というのが一目ですぐわかる表になっています。

例えば1回あたりのMAX重量が100㎏の人は、80㎏を10回あげられるというのが表を見ただけで一瞬で変わるんです!

ちなみにRMとは、レップマックス(Rep Max)の意味ですね。

レップというのは、回数のこと。

1RM(いちレップマックス)=1回だけ挙げられる限界の重量、という意味ですね。

ではさっそく、RM換算表を見てみましょう!

ベンチプレスRM換算表

RM換算表
画質が悪くてすみません><

この表は、RM求める計算式

最大挙上重量=重量×回数÷40+重量

に基づいて計算しています。

女性は表の一番上のRM20から、男性はRMが40以降を参考にするとよいと思います。

換算表の見方

表の一番左の数字が挙げる重量表の一番上が挙げる回数です。

例えば、80㎏(表の一番左)を10回(表の一番上)挙げられる人の1RMは、100㎏(二つの数字が交わるところ)という風に見ます。
RM換算表の見方

換算表を見る意味

この換算表を使うことで、やみくもに重量設定をすることをなくすことが出来ますよね。

正直、ベンチプレスやってるときって、自分が一体どれくらい挙げられるのかわからなかったりします。

重い重量にチャレンジしてみたいけど、失敗したら嫌だなとか、みんな見てるし恥ずかしいなとか思うこともありますよね…^^;

そんな時にこの換算表を使うと、大体自分がどれくらい挙げられるのかを予測することが出来ます。

1RMの限界にチャレンジするときも、今日は80㎏10レップやってまだ余裕があるから、もしかしたら100㎏いけるかもしれないな!って考えることが出来ますよね^^

また、今は70㎏10レップでトレーニングしているけど、100㎏目指すにはどうすればいいかなと考えたときに、とりあえず70㎏を17回あげられるようになろう!とか77.5㎏10回を目指そう!とか、メニューの組み方の幅が広がりますよね^^

mix
mix
私は女性なので、25㎏10回でトレーニングしていましたが、この表をみて、自分の1RMが31.1㎏だと初めて知りました。先日トレーニング後にチャレンジしてみたけど、3セットのトレーニング後だったからか全然上がりませんでした^^;

体重別1レップMAX早見表も参考にしてみよう

ベンチプレスは体重によっても上がる重量が変わってきます。

自分の体重だと平均的にどれくらいの重量を挙げられるのかを知っておくと、またベンチプレスのレベルアップに役立ちますよ!

体重別早見表についてはベンチプレスの平均(1回MAX重量)を知って、筋トレの目安にしよう!の記事で紹介していますので、あわせてぜひご覧ください!

ベンチプレスの平均
ベンチプレスの平均(1回MAX重量)を知って、筋トレの目安にしよう!ベンチプレスの1回あたりのMAX平均重量について。目安を知っていればトレーニングで目指す目標が作りやすくなります!男性版・女性版の体重別早見表もあり!...

ベンチプレスと体重との関係についてはベンチプレスにおける体重と重量の関係は?体重を増やせば重量は上がる!の記事で紹介しています^^

ベンチプレスと体重
ベンチプレスにおける体重と重量の関係は?体重を増やせば重量は上がる!ベンチプレスでより重たい重量をあげるには体重を増やすと上がります!筋肉量が増えるからですね。筋肉の量を効率的に増やすにはプロテインをとるのはいいですよ!...

まとめ

今回は、自分のベンチプレスのMAX重量を知ることが出来るRM換算表について紹介しました。

換算表を使うことで、自分の目指す重量が具体的に把握できたり、トレーニングのメニューの組み方も変わってきて、より効率的にトレーニングできるようになります!

是非活用してみてくださいね^^

 

自宅トレーニングするなら…

アジャスタブルダンベルが超おすすめ!

自宅トレーニングをするなら、ダンベルは必需品!
中でもアジャスタブルダンベルが超便利なんですごい勢いでおすすめします!!!

アジャスタブルのここがイイ!

☆省スペース
⇒部屋がダンベルだらけにならない!

☆重さのチェンジがダイヤルを回すだけで一瞬!
⇒トレーニングが超スムーズに!

↓↓↓↓

軽い重量のトレーニングから高重量までカバーできるので…
自宅トレーニングの幅が広がります^^

 

アジャスタブルダンベルを使って感じたことを詳しくまとめました!▼

【アジャスタブルダンベル本音レビュー】

\おすすめはどれ?自分に合ったものを選ぼう!/

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

おすすめのアジャスタブルダンベルはこちら▼