背中のトレーニング

背筋の筋トレでダイエット!女性も背中を鍛えるべき理由とは!?

背筋でダイエット

ダイエットをしたい人にとって、今背筋が熱いんです!

背筋を鍛えることは、体重を減らしたり、体の見た目を絞る(細くする)のにとても効果的なんです!

今回は、何故背筋がダイエットに効果的なのか、鍛えることでどんな効果を実感できるのかをまとめていきますね^^

背筋を鍛えることで得られるダイエット効果が得られる理由とは?

背筋を鍛えることで背中の筋肉を成長させることがなぜダイエットにつながるのか。

具体的な理由3つあげたいと思います。

脂肪燃焼

燃焼
背中
にはいろんな筋肉が集まって大きな筋肉をなしています。

特に広背筋僧帽筋といった筋肉は体の中でも大きな筋肉の一つです。

この大きな筋肉を鍛えることにより、筋肉をさらに大きくすると、基礎代謝が上がっていきます。

基礎代謝が上がるということは、体の中の余計な脂肪をしっかり燃焼できる体になるってことなんですね。

有酸素運動などのトレーニングも脂肪燃焼には効果的ですが、主に運動している時間にしか脂肪を燃やすことが出来ません。

しかし、基礎代謝をあげることで、運動をしていない時間も体の中で脂肪を燃やし続ける体になることが出来るんです。

体の中の脂肪(体脂肪)が燃えると、見た目にも余計なお肉がどんどん落ちていきます。

そうなると、スッキリしたいい体になるコトができますよね^^

小さな筋肉を成長させても基礎代謝をあげることが出来ますが、大きな筋肉に比べると少し効率が悪いです。

なので大きな筋肉のある背中をしっかり鍛えることで効果的にダイエットができるというわけなんです。

 

mix
mix

私は体の見た目を変えたいダイエットをする場合は、主に体の中の大きな筋肉のある背中を重点的にトレーニングするようにしています。

過去に2カ月で体脂肪を7%落とすことが出来たからです。
もちろん食事の管理も必要ですが、大きな筋肉を鍛えることで見た目が全然変わってくるのと実感しました!

 

姿勢がよくなり見た目が変わる!

代謝
背中の筋肉を鍛えることで、脊柱起立筋という背中の真ん中を走る筋肉も鍛えることになります。

この筋肉は姿勢を維持するのに非常に重要な役割を果たしています。

操り人形をイメージしてもらうとわかりやすいです。

上から紐で吊るされている人形の、紐が緩くてだるんだるんだったら、人形の本体もだるんだるんになって、ちゃんと起き上がっていないですよね。

しかし、体に一本通っている紐だけでもピンと張っていたら、人形の胴体は起き上がりシャンとします。

その一本のひもが脊柱起立筋というわけです。

背筋がピンと張っていれば、胸も自然と張ってきます。

肩もすとんと落ちて、きれいな姿勢になりますよね。

見た目が全然変わるってことです。

わかりやすいのが、ライザップのCMです。

ライザップのCMは太っている時と痩せたときのビフォーアフターを見せていますが、太っている時はみなさんそろいもそろって背筋は曲がり顔も下を向き、だらんとしています。

しかし、痩せた時には背筋がピンと張っているのがわかると思います。

よく見ると、多少お腹にお肉が残っている人もいますよね?

でもしっかり痩せている、効果が出たように見えているのは、あの姿勢(ポージング)のおかげといってもいいのです。

それくらい姿勢って大事なんですね!

猫背解消でぽっこりお腹撃退!

腹筋
姿勢の話もつながるんですけど、姿勢が悪いと猫背になってきたりすると思います。

現代人はパソコンやらスマホやらを四六時中使って生活しているの、どうしても前かがみで巻き肩で猫背の姿勢になりがちです。

猫背になると体の中で何が起こっているかというと、お腹が落ち込み、内臓が圧迫されているんです…!

内臓が圧迫されると、食べたものの消化にも影響します。しっかりと体に栄養として給されなかったものは脂肪になってしまうんです…!

さらにお腹は落ち込んで体幹周りの筋肉が緩む癖がついてしまうと、その周りにガッツリ脂肪がついてしまうんです…!

何をやっても痩せないぽっこりお腹の原因は、もしかしたら猫背なのかもしれませんよ!

この猫背、背筋を鍛えることで改善することが出来ます!

しっかり背中を支える筋肉をつけることで、正しい姿勢を無理なくキープできるようになります。
するとお腹の圧迫もなくなり、基礎代謝が上がっていくことでお腹周りの脂肪も燃焼し始めてくれます!

 

mix
mix

私はお腹が圧迫されまくって胃酸が逆流してくるほどひどい猫背だったんですけど、無理なく良い姿勢をキープできるようになってからは胃酸の逆流もなくなりました!

一番うれしかったのは、ウェストが細くなって履けなかったズボンがはけるようになったこと!
背中と足を中心に筋トレしたことでウェストはマイナス12㎝になりました!

 

以上の3つだけでも、背中を鍛えない理由がない!ですよね^^

背中の筋トレおすすめ3つ

では、具体的にどうやって背中のトレーニングをしていったらいいのかを、

  • 自宅でできる
  • ダンベルを使ってできる
  • ジムでできる

の3つに分けてご紹介しますね。

ご自身のライフスタイルになった方法を選んで、さらにプラスメニューなんかも取り入れながら実践してみてください^^

自宅でできる背中トレーニング

バックエクステンションは最も一般的な背筋のトレーニングだと思います。

体育の授業なんかでもやるんではないでしょうか。

自宅でできる背筋といえば定番ですよね。

誰もがやったことがあるので、あえてやり方は説明いらないと思います。

ポイントとしては、腰を反らせすぎないこと。

無理やり上まで上体を起こそうとすると、腰を痛めてしまいますので、気をつけてくださいね。

自宅でできる背筋のトレーニングについてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、ジムに行く時間がない方や、ダンベルなどのトレーニングアイテムを持っていない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

背中の自重トレーニング
【背筋のトレーニング方法】自重でもできる背筋の鍛え方!自宅でも自重でできる背筋の筋トレをご紹介します!背筋の自重筋トレはあまり数がないので、これを覚えておけばOKです。物足りなくなったらダンベル・チューブなどで負荷をあげたり、ジムに行きましょう!...

ダンベルを使った背中トレーニング

ダンベルを使ってトレーニングできるのであれば、ワンハンドローイングがおすすめです!

片手にダンベルをもってしっかりピンポイントに背中を狙うことが出来るます。

広背筋を左右から攻めまくりましょう!

他にもダンベルを使った背中のトレーニングはこちらの記事でまとめています。ぜひ参考にしてみてください。

ダンベルを使った背筋
【背筋のトレーニング方法】ダンベルを使って効果的に鍛える方法!自宅で筋トレを行っている方は自重でやっている方がほどんどだと思いますが、ダンベルがあるとさらに筋肉に効果的に刺激を与えることが出来ます。...

ジムでやるべき背中トレーニング

ジムでやるべき背中のトレーニングはやっぱりデッドリフトです!

mix
mix
私が一番好きな種目です!!

デッドリフトはいいですよ~。背中にもにも効きますし、体の背面をしっかり鍛えることできるので、超効率的だし!

mix
mix
その分筋肉痛はめっちゃきますけどね!それがまだ気持ちよくなってきます!!←

しかもデッドリフトは結構重たい重量も持ち上げることが出来るので達成感もすごいのでモチベーション維持にもなります!

逆に言うと、自分のレベル以上の重さにチャレンジしやすいので、怪我しやすいです><
怪我だけは気をつけてくださいね…!

ジムでおすすめの背中トレーニングはこちらの記事でまとめていますので、よければ参考にしてみてくださいね。

ジムで背筋トレ
【背筋のトレーニング方法】ジムのマシンを使って効果的に鍛えよう!フィットネスジムでできるマシンを使った背中の背筋トレーニングを3つだけ紹介しています。ジムに行っているけどどのマシンを使えばいいのかわからない方は必見!背中は鍛えれば鍛えるほど成長するのでガンガン追い込んでいきましょう!...

まとめ

今回はダイエットに背筋のトレーニングを取り入れるべき理由についてまとめてきました。
背筋を鍛えることによって

  • 脂肪燃焼
  • 姿勢改善
  • ぽっこりお腹解消

の効果が期待できるので、ダイエットにめちゃくちゃピッタリです!

しかも、自重・ダンベル・バーベルと負荷の強度に合わせてどこででもしっかりトレーニングできるので、トレーニングで何するか迷ったら背中!くらいの勢いでやってもいいと思います!

背中の大きな筋肉を鍛えまくって、ボディーを引き締め、ダイエットを成功へ導きましょう!!

自宅トレーニングするなら…

アジャスタブルダンベルが超おすすめ!

自宅トレーニングをするなら、ダンベルは必需品!
中でもアジャスタブルダンベルが超便利なんですごい勢いでおすすめします!!!

アジャスタブルのここがイイ!

☆省スペース
⇒部屋がダンベルだらけにならない!

☆重さのチェンジがダイヤルを回すだけで一瞬!
⇒トレーニングが超スムーズに!

↓↓↓↓

軽い重量のトレーニングから高重量までカバーできるので…
自宅トレーニングの幅が広がります^^

 

アジャスタブルダンベルを使って感じたことを詳しくまとめました!▼

【アジャスタブルダンベル本音レビュー】

\おすすめはどれ?自分に合ったものを選ぼう!/

おすすめのアジャスタブルダンベルは?

おすすめのアジャスタブルダンベルはこちら▼